読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まきばのまかない

‘まきば‘にはヨナグニ馬や島ヤギや鶏などがいっぱい。毎日のまきばの様子や、親方が創る(スリル・スピード・チープ&セクシーな)おいしいけどヘンなごはん。

3月七日 ラジオボーイ

f:id:hisanomarkun:20140307205317j:plain

  ブラさっがっているのは、塩漬けして三日が経ち、昨日から塩抜きして、今朝干した鶏の胸肉です。先日ウマハラセで優勝した久米島馬牧場の方から頂いた久米島鶏です。今度はささやかな(小さな)生ハムに挑戦です。

 話はちょとそれますが、僕は田舎の中学時代からラジオが大好きで、洋楽を聞いて育ちました。そして今もラジオで目覚め、ラジオの情報を楽しんでいます。この直ぐに作れる生ハムはラジオをで聞いて、コレだと思い作ってみました。フフフ・・・ミーハーなんです。f:id:hisanomarkun:20140307211943j:plain

f:id:hisanomarkun:20140307212007j:plain

 そんなまきばの朝の後、寒かったですが、来ました来ました、盲学校の子どもたち10名。皆顔見知りばかり、馬に触りました、乗りました、話しかけました。そして先生を載せて馬を牽いてくれました。全盲の子らとの馬遊び、本当に楽しい時間でした。終わって彼らは近くの公園で昼食だそうです。僕らはまきばでお昼のまかないです。寒いときにはこれ「雑炊」ですね。久米島鶏の骨でダシを取っての鶏雑炊でした。お餅も入れました。食べながら僕は目の見えない子らの食事はどんなんだろうと思いながら、目を閉じながら食べてみました。