読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まきばのまかない

‘まきば‘にはヨナグニ馬や島ヤギや鶏などがいっぱい。毎日のまきばの様子や、親方が創る(スリル・スピード・チープ&セクシーな)おいしいけどヘンなごはん。

3月2日 祝のまかない

 今日は琉球競馬「ウマハラセー(速歩で走る優雅さを競う)」の日、まきばからは4頭の馬が出場した。飾り付けをした我が家の馬です。

f:id:hisanomarkun:20140302131309j:plain

 我がまきばの騎手はなんと元騎手の岡部さんや、乗馬が得意のスペイン人ボランティアが乗り、いいところまで行きましたが、残念ながら優勝は成りませんでした。ですが友人の「久米島牧場」がこれまで3連覇の馬を阻止し見事に優勝しました!

 *「ウマハラセー」に興味の方はWEBで検索してみてください。

 それで急きょお祝いだということになり、親方は大慌て。11名の会場設置と、まかない。さてどうする? 会場はまきばのスタッフ宿泊用のトレーラーハウスだが、この人数が入るのは初めて、テーブルも座布団も皿もコップも調理器具もないぞ! 肝心の料理はどうする?

f:id:hisanomarkun:20140305110045j:plain

 ということで親方は腕の見せ所ですねー。ということでとりあえずファーマーズマーケットに直行!

 そして始まった祝いのまかない。一個のカセットコンロに中華鍋、水をたっぷり入れてニンニクとごま油を落とし、沸騰を待つ、今日は野菜が主役だ。決して水炊きではありません。一つ一つの野菜を順に放り込みいい茹で具合で引き揚げ全員で食べつくし、次にもう一種類とリレーします。まずは大根の輪切り、次は豆腐、ネギ、人参、赤Pマン、緑Pマン、ハヤトウリ、さやいんげん、パパイヤ、キクイモETC・ETC。そしてフィニッシュに豚の薄切りを放り込み食べつくした後に、キムチスープにしてうどんを入れて終了。ふーっうまく行った。

 鍋に入った野菜の美しさを載せられないのは残念ですが、親方は写真を撮る暇もなくひたすら野菜を切ってました。

 

 お祝いまかないには、岡部さん家族もシャンパン片手に来ていただき、友人の優勝を祝っていただきました。