読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まきばのまかない

‘まきば‘にはヨナグニ馬や島ヤギや鶏などがいっぱい。毎日のまきばの様子や、親方が創る(スリル・スピード・チープ&セクシーな)おいしいけどヘンなごはん。

2月22日 馬に人参・・・

今日はまきばはお休み、お天気も最高!馬たちはのんびり。

昨日近くの農家の方からの人参を頂いた。人参作っても天候とかあれこれあって、割れたりして四割も捨てることがあるそうです。とてもやり切れないとのことです。ありがたく頂戴しました。馬たち大喜び。

f:id:hisanomarkun:20140224195940j:plain

まきばのお留守の親方の自分まかないは・・・

f:id:hisanomarkun:20140224200255j:plain

ビールと野菜の浅漬け、らっきょ、隼人瓜、ラディッシュ。そして本。

この本を載せたのは、僕が読書家ということではありません。この本は馬関係者にもお勧めです、野生の狼と本気で暮らし、彼らを愛し彼らの本当の生活を知りたいとの切なる思いで、山へは入った話です。ただただ感動しスペシャル変な奴と思うのですが、その中に狼からまかないを貰う、つまり身分の高い狼から獲物の肉を分けてもらって生きていたのですが、狼の身分、仕事の役割によって身体のどの部分を食べるかはっきりと決める身分の高い狼がいるとのことです。そして狩に行く前のまかないの肉、繁殖期のまかない、若い狼たちが興奮して血の気を下げるためのまかない、それぞれ獲物が違うのだそうです。ただただ狼のまかないに頭が下がります。

何でも手に入る現代だからこそ、人以外の野生動物のまかないを学ぶ時なんでしょう。

ところで馬に人参、何本で止めるかなぁ?

ところで人間の飽食どこまで行くかなぁ?